20121030_36451


1:
:2013/03/27(水) 18:52:26.55 ID:

■1:近所のコンビニに出かけるだけなのに勝負服とバッチリ髪形
いつ好みの異性に出会ってもいいように常に臨戦態勢。あるいは、笑顔のかわいいバイトの女性に淡い恋心を抱いているのかしれません。
でも、いくら外見を決めたところで運命の出会いなどあるわけがなく、お目当ての女性に声をかける勇気も出ず、結局は立ち読みしただけで帰路につきます。

■2:ミステリアスでクールな男を目指して無口を装う
とにかく極力、他人と口をきかない。誰かに話しかけられても「別に……」とすかした態度でかわす。常に気だるそうな雰囲気を醸して、休み時間には机に突っ伏して居眠り。
その結果、モテるどころか友達すらできない悲哀を味わうことになります。

■3:とにかく熱く語るためのネタをいくつも用意している
クール路線とは逆に、「熱い男がモテる」「男のロマンに女はしびれるはず」と盲信する一派も。
たとえば、女子の前で真剣に語る用の“将来の夢”という話のネタを数パターン用意。ちょっとチャラい女子に対しては“ミュージシャン”、真面目系女子に対しては“国際派弁護士”など、将来の夢を熱く語るのです。
ただし、夢の実現に向けての具体的な行動は全く起こしていません。いつしか“口先男”と女子の間で陰口をたたかれることも……。

■4:無理してマニアックな趣味をひけらかす
たとえば音楽だと、「J-POP? だっせー」とマニアックな洋楽やインディーズミュージシャンの曲ばかり聴く。
映画だと、「ハリウッドは商業主義で陳腐」などと、わかったようなわからないセリフを吐いて、単館映画のタイトルとあらすじだけ暗記(実はちゃんと見ていない)。
女子からおしゃれだと思われたくて、そうしたマニアック趣味の知識をひけらかしますが、単なる“鼻もちならない奴”あるいは“なんか話が合わない奴”です。ますます女子から避けられる結果にしかなりません。

■5:なにかの歌詞で見つけた女子が喜びそうなフレーズをメールで借用
よかれと思って愛のフレーズを送りつけるものの、あまりにも唐突すぎて、女子の間で「こんなのもらって超ウケるー」と回し読みされます。
挙句、元ネタまでバレて、完全に“痛メール”扱いに。相手が削除しない限り、メールは永遠に残るので、まさに黒歴史です。
http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/menjoy/2013/03/10-173.html

 
【あぁ黒歴史!モテたい男子にありがちな痛々しい行動】の続きを読む