1:2016/06/09(木) 14:57:51.16 ID:
 兵庫県相生市の相生湾周辺で7月2、3両日に開かれる「相生ペーロン祭」を前に、市と相生署は8日、同市旭の市民体育館で、特攻服姿の集団が大声で練り歩く「徒歩暴走族」の取り締まり訓練を行った。

 同署によると、同祭では2000年、暴徒化した集団がパトカーを横倒しにしたり、警察官にけがさせたりする被害が出た。

市は09年、同湾沿岸部などで大声を出す行為を禁じ、警告に従わない場合は5万円の罰金とする条例を定め、近年は混乱もなくなったという。

 訓練には県警本部と同署の警察官、市職員ら計34人が参加。大声で叫び、周囲を威嚇しながら歩く暴走族役の署員に、市職員が駆け寄ってやめるよう命令。従わないため、他の署員が一斉に取り押さえた。

 祭り本番では、2日間で延べ450人の警察官が警戒に当たる予定。

同署の今冨伸隆・刑事生活安全課長は「市民や観光客の安全を守りたい」と話していた。


訓練で徒歩暴走族を取り押さえる警察官ら
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160608-OYT1T50254.html
2016年06月09日 14時36分
【【社会】大声で叫び練り歩く「徒歩暴走族」対処へ訓練】の続きを読む