c22c5921


1
:2016/04/23(土) 19:33:33.75 ID:
 室内には、将来を悲観した内容の遺書が残されていました。

 22日、埼玉県戸田市のマンションの一室で、死後1カ月以上が経過し、痩せ細った男性の遺体が見つかりました。
また、押し入れからは、ポリ袋で何重にも包まれた遺体が見つかりました。
遺体はこの部屋に住む54歳の長男と85歳の母親とみられています。
室内からは、将来を悲観した内容の遺書が見つかりました。
警察によりますと、長男は無職で引きこもりがちだったということで、
母親が死亡した後に生活できなくなり、衰弱死した可能性もあるとみて調べています。

◆関連スレ
【社会】マンション室内に死後数カ月の男性遺体、父親の遺族年金で生活していた住人か 埼玉・戸田市c2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1461391248/

テレ朝NEWS (2016/04/23 17:28)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000073331.html
【【悲報】死後1カ月超 54歳長男と母か 将来悲観した遺書も=埼玉県戸田市】の続きを読む