0f582cd2


1
:2016/06/06(月) 17:45:35.91 ID:
 舛添要一東京都知事の政治資金の「公私混同」疑惑について、「第三者」として調査を担当した元検事の佐々木善三弁護士(63)は、小渕優子元経済産業相の関連団体をめぐる政治資金規正法違反事件でも第三者委員会の委員長を務めていた。

 佐々木氏は中央大法学部卒。東京地検特捜部、大阪地検特捜部に計9年間在籍。

東京地検特捜部副部長や仙台地検、京都地検の検事正などを歴任し、平成24年に退官。翌年に弁護士登録した。

 もう一人の森本哲也弁護士(42)は、白紙撤回された2020年東京五輪・パラリンピックの旧エンブレムの選考過程を調査する外部有識者の一人だった。

 現在、佐々木氏が所属する晴海協和法律事務所のホームページなどによると、森本氏は東大法学部卒業後、弁護士登録し、米国ノースウェスタン大学ロースクールで法学修士号を取得。

ニューヨーク州の司法試験にも合格した。平成17年に晴海協和法律事務所に入り、22年に検事任官。

さいたま地検や東京地検の刑事部に在籍した後、27年に同事務所に復帰した。

http://www.sankei.com/affairs/news/160606/afr1606060016-n1.html
2016.6.6 16:46
【【東京】舛添知事、政治資金疑惑の調査担当は森本哲也弁護士と、元検事で小渕優子氏側の政治資金事件も担当の佐々木善三弁護士】の続きを読む