1:2014/12/16(火) 00:33:50.01 ID:
ニュージーランドのメディアが報じた内容によると、地球から16光年程離れた場所に、地球とほぼ同じ環境の「星」があることをNASAの宇宙飛行士が発見したそうだ。
周辺の惑星環境から受ける光の影響がほとんど地球と同じであり、
地表には高温すぎず、低温すぎない液体の存在が確認されている。
天文学の世界で「16光年」という距離は、「石を投げれば当る」ほど近い距離。
【【速報】NASAが「もう一つの地球」を発見したらしい】の続きを読む