SnapCrab_NoName_2016-5-19_13-15-35_No-00


19日午前2時45分ごろ、東京都江戸川区東葛西2丁目のアパートから、男性の声で「2階の男を拳銃で撃った。これから自分も頭を撃つ」と110番通報があった。

 警察官が駆けつけたところ、それぞれ住民で1階の職業不詳渡部忠雄さん(73)と、2階の職業不詳倉田章義さん(54)が、ともに居室内で頭から血を流して倒れており、いずれも死亡が確認された。

 警視庁によると、2人の頭には銃で撃たれたような傷があり、渡部さんが倒れていた付近には拳銃のようなものが落ちていた。両部屋とも争った跡はなく、倉田さんの部屋は無施錠で、チェーンだけがかけられた状態だったという。

 葛西署によると、渡部さんは3年ほど前からこのアパートに住み、昨年末以降に複数回、「2階の生活音がうるさい」などと110番通報していた。倉田さんは今年3月に住民票を移したが、渡部さんからの苦情に対する被害を110番通報で訴えていたという。

 捜査関係者によると、渡部さんは約20年前に解散した暴力団に所属していた記録がある。

 現場は東京メトロ葛西駅から北に約600メートルの住宅街。同じアパートに住む専門学校生(20)は、「渡部さんが2階に上がってうるさいと怒鳴っているのをよく聞いた。でも、足音などは普通で生活音は気にならなかった」と話した。

 近所の自営業男性(69)によると、男性の息子が深夜に2人が口論する姿を頻繁に見かけており、この日は未明に「パン」という音を2回聞いたという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160519-00000016-asahi-soci
☆この記事を見た方は☆
☆こんな記事も見ています☆
























































☆本日の人気記事☆